貯金1000万円も夢じゃない!期間工のお給料事情

貯金1000万円も夢じゃない!期間工のお給料事情

期間工で1000万円の『貯金』ができた!コレって、決して珍しい話ではないんです。期間工には稼げる仕組みがいっぱい!高い基本給、各種手当、入社祝い金に満了金などなど、重労働にバッチリ見合う収入が約束されています!
「即大金ゲット!」とはいきませんが、働けば働くほど稼げるのが、期間工というお仕事なんですよ♪

残業・深夜勤務・休日出勤が楽しみ!?

「残業したくありません!」「休日出勤なんて行きたくない!」

会社にお勤めの方、これが普通の感覚ですよね。けれど、期間工は違います。
働いた分が全て大きな稼ぎとなるから、残業や休日出勤の予定が「札束」に見えてくるそう。これこそ、期間工の醍醐味なのです!

なぜ、稼げるのか。これは各種手当が充実しているからに他なりません。特に残業手当や休日出勤手当は、並みの会社では真似できないほどの高水準!!
1日8時間・週40時間労働制を導入している一般的な中小企業の場合、時間外労働の賃金(残業手当)は基礎賃金の25%増、深夜手当も25%増、休日出勤手当は35%増である場合がほとんどです。

一方、期間工の場合は、これらの割増率が一味違います。残業/深夜手当はどちらも30%以上、休日出勤は40%以上と、いずれも一般的な企業より5ポイント以上も多い割増率が設定されているのです!
もちろん、この数値は企業によって異なりますので、応募前に確認しておいてください♪

2018年9月時点で掲載されている、「トヨタ自動車株式会社」の期間工員募集(http://www.t-kikan.jp/)を例に挙げ、実際の月収を見てみましょう。

〜例えば、こんな条件の方〜

連続2交替制勤務(実働7時間35分)、稼働日数21日、残業20時間、深夜手当35時間、時間帯手当78.25時間を含む、勤務1年目。

いくつか規定はあるものの、月収は281,090円〜303,810円。

2018年の東京都における30代半ばの平均年収は500万円程度です。それを考えると、勤務1年目でこの金額は非常に高額といえるでしょう。

入社しただけで数十万円プレゼント! オイシイ「入社祝い金」

月収だけでも高額なのに、期間工の収入はまだまだアップします!

期間工募集の広告などを見れば「入社祝い金支給!」など、なんとも魅力的なキーワードが目に留まります。

この「祝い金」。手当の一種で、その名の通り「期間工としての入社を祝って金一封を差し上げます」という制度です。

その金額、なんと数十万円!

もちろん、支給額は企業によって異なります。とはいうものの、採用されたうえにお金までもらえるこの制度。まるで、夢のようなお話ですね♪

トヨタ自動車の募集要項(2018年9月時点)では、入社祝い金に「45万円」を設定しています。内訳は「選考会に参加で7万円、入社で28万円、特別手当10万円」。入社の28万円や特別手当は、勤務開始から数週間〜数カ月経過したときに支払われるとのこと。トヨタ自動車に限らずほとんどの企業でも、記載された金額を一度にもらえるわけではないようです。

驚かされるのは「選考会に参加するだけ」で7万円もらえる点。規定があるとは思いますが、「本当に!?」と目を疑ってしまうほどの手厚い待遇ですね。

また、別のコラム(https://factory.advantiar.jp/93/)でもお伝えした通り、規定をクリアしたうえで契約期間を満了すれば、数十万円〜百万円を超える「満了金」が、お給料とは別に支給されます。会社勤めの方にしたら、「どれだけ稼げるんだ!?」と驚いてしまうことでしょう。

なお、満了金は「慰労金」と「報奨金」の2種類で構成されている場合が多く、慰労金は数カ月ごとに会社既定の金額が支払われるのが一般的です。総額が数十万円〜百万円オーバーといっても、満了金として提示されている額の全てが満了時に支払われるわけではありません。注意してください。

寮や食費補助などなど、充実の福利厚生で貯金がさらに加速する!

期間工の待遇が手厚いのは、給料面だけではありません。福利厚生についても、目を見張るものがあります。特に「各種手当」については、まさに至れり尽くせりな内容。期間工以外で、ここまで「手当まみれ」な職場は、見つけるのが難しいぐらいです。

大手企業の期間工が得られる手当には、
食事補助、赴任手当、経験者手当、家族手当、帰任旅費などがあり、先で紹介した残業手当、深夜手当、休日出勤手当、入社祝い金、満了金まで含めれば、相当な金額が給料以外に支給されるわけです。

聞きなれないのは「赴任手当」と「帰任手当」。簡単にいえば「引越し代」で、入寮時や退寮時にかかる費用を負担してくれるというもの。

選考会に参加すればお金がもらえて、採用されれば遠方であっても引越し代金はタダ。働き出せば月々のお給料が支払われ、残業や休日出勤すれば大幅な割増賃金をゲット。寮費は格安だったり無料だったりする場合が多く、1カ月で1万円程度の食費補助もあり。

長期で働けば慰労金で、満了での退職時には報奨金。家族が居るなら家族手当、経験者なら基本給に経験者手当が加算。ここまで手厚いと、手当だけで生活できるのではと思ってしまいますよね!!

高額な基本給+各種手当でガッポリ稼ぐのが期間工の基本。冒頭でお伝えした「1000万円の貯金がある方も珍しくない」という話しも、現実味を帯びたのではないでしょうか。

実際に、事業を興したり、会社を設立したりするための資金を稼ぐため、期間工で頑張っている方も多くいらっしゃいます。仕事はキツいものの、手厚く保護されて働いた分はしっかり報われる。これほど「ホワイト」な仕事、なかなかありませんよ♪

このブログが気に入った方は以下ボタンをクリックしてくださいね♪
ブログランキングに反映されます♪